タイアップラップソングの世界:アダムス・ファミリーとラップキャリアの終焉

 (この記事のアイデアYouTubeで活躍するレビュアーTodd in the Shadowsにインスパイアされたものです)

 

 アダムス・ファミリーを覚えている人は多いでしょう。当時観たという人も、レンタルやテレビでの放映で観たという人も、この映画にいい思い出を持っているはずです。結局おもしろおかしいコメディ映画で子どもも一緒に観る大人もどっちも楽しめる映画ですしね。けれども、そんなアダムス・ファミリーシリーズにはタイアップラップソングが存在することは、ご存じない方がほとんどでしょう。

 

 アダムス・ファミリーが公開された1991年、アメリカはラップブームの始まりを迎えていました。クロスオーバーヒットが多く生まれた1990年からラップはポップカルチャーの中心となっていき、現在までその人気は成長し続けています。それを考えれば、映画に注目を集めるためにタイアップラップソングがあるのは納得できます。しかし、そのタイアップソングたちは、ラップキャリアの終わり、ラッパーの輝かしい時代の終わりを告げるものでもあるのです。

 

 まずは1作目、「アダムス・ファミリー」の場合を見ていきましょう。公開前年に大ヒットを記録したラッパーといえばヴァニラ・アイスとMCハマーですね。ラップキャリアの始まりが終わりでもあったヴァニラ・アイスの話は置いておいて、この映画のタイアップソングはMCハマーが担当しました。

 MVはMCハマーがギロチンにかけられるところから始まります。キャリアはこんな終わり方しませんでしたが、むしろ一瞬で済む終わり方の方がよかったかもしれませんね。ただ生首MCハマーは正直戦争の映像よりも気持ち悪くて嫌でした。曲はアダムス・ファミリーのテーマを引用している感じですが、なーんか安っぽい音でちょっと腹が立ちます。ギターの音は子ども向けおもちゃみたいな音で、ストリングスのサンプルは古臭さを感じさせるものになっています。テーマソングをサンプリングしているからなんでしょうけどテンポが遅く、ハマーのまあまあ下手なラップも相まってタルい印象です。同じくMCハマーが担当したタコベルのCMソングの方がマシです。MCハマーはこの後ギャングスタラップをやろうとして失敗。自己破産を申請して"U Can't Touch This"しか覚えられていない人間になりました。

 

 では「アダムス・ファミリー2」はどうでしょうか。この映画では"Whoomp! (There it is)"で大ヒットしたラップデュオ、Tag Teamがタイアップソングを作りました。え、知らない?

 正直これはまあまあ好きです。アップテンポでアホっぽいのでね。MVもいい感じにちゃっちく、ウェンズデーがKick itって言ったりパグズリーがノリノリだったりでいいですね。ただすっごいでかい問題点があるんですよ、これ。上記した大ヒット曲とほぼ同じなんですよ。もちろん歌詞は違うんですけどそれでも同じなことに変わりはないんですよ。これからわかる通りなんですが、この人たち一発屋でしかもその一発の焼き直し、というより焼き増しをすることを続けていった感じでした。今は特になにもしていないみたいです。

 

 では最後に2019年のアニメ版アダムス・ファミリーを見ていきましょう。これはトラップミュージックをメインストリームにしたミーゴスが担当し、自分は知らないアーティスト2人(Karol GとRock Mafia)とどこにでも出てくるマリファナおじさんスヌープ・ドッグがフィーチャリングされています。

 あー・・・。なんかフツー・・・。アダムス・ファミリーのテーマをサンプリングしているせいでちょっと(かなり)アホっぽくなっていますがそれでもちょっと・・・。Mess With Meを3回連続使って韻を踏むというやる気のなさもあれだしフィーチャーも特筆すべきことはない、ただの凡庸なトラップポップになっている曲ですね。3分未満なんですけど繰り返しも多くて体感5分くらいでしたね。ミーゴスはカルチャーIIから人気が下がり始め、今はソロ活動を全員が頑張っているみたいです。

 

 2022年公開の続編はラップ系じゃない人(クリスティーナ・アギレラ)がテーマソングをしたので書きも聴きもしません。今回紹介した3曲は正直最近聴いたものの中で一番疲れました。次回のアイデアはないので書くとしたらテキトーに書きます(おい)。Todd in the Shadowsのチャンネルはぜひ見てください。

 

スコット執筆

ゲーム系ラップソングの世界:ファーストパーティの場合

 なぜかはわかりませんがゲームのCMでラップソングを使ってヒップでラディカルでクールに見せようとするのは、ゲーム機を作る最大手たちもやっちゃうことみたいですね。今回はアメリカから日本、ブラジルからフィンランドまで、世界中の事例を見ていきます。

 

 始めはもう有名になっている「ゼルダの伝説」の北米版CMです。

 正直もう言えることは言い尽くされている感じはしますけど言いますね。まず「ニンテンドーのニュースレターを見てくれよ!」「わあ!いいグラフィックだ!このゲームをやってみたいぜ!」「まだ遊んだことないのかよ?」という会話は僕が普通の人間とする会話くらい気まずくて不自然なものだし、そのあとのラップも真っ白な感じ(肌の色的に)で韻が踏めているのかわからないボーダーライン上のラップでとても首の後ろの毛が立つ感じがしますね。なんか誰もが一度はやってしまうインスタント黒歴史ラップみたいで。

 音楽もカシオのラップマンのデモ音源みたいな、やっすいラップビートでノスタルジーも感じられますね。申し訳なさそうなスクラッチ音は5歳のいとこみたいな感じで微笑ましいと思います。CMの最後に「取り付けは親にしてもらおう」って言っているのも全体のかわいらしい雰囲気を増幅させてますよね。まあこの頃のゲームは取り付け親でも難しいですが。

 

 次は日本代表、いとうせいこうメガドライブチームの登場です。

 先に正直に言いますけどここまでくると嫌いになれないですよね。ラップはちょっとオフビートな感じがしますがそこがいいんですよね。オフビートで語っているみたいなスタイルはMF DOOMにも少し似ている・・・?(比べるのをやめなさい)。「16ビットCPU搭載」っていう歌詞は16ビットのところで少し止まっちゃってて、「おめー、ファミコンもSG1000もCPUくらいはあるやろ」とずっと思っていました。「魅せる、迫る、唸る」は普通にかっこいいです。ビデオもかっこいいですよね。David Byrneみたいなスーツで宇宙遊泳しているいとうせいこうはイケイケです。あと「スピードSHOCK!」とかの後に「買ってSHOCK!」って言っている人がいて印象に残っています。実際マリオとカービィゼルダワリオとその他諸々がいないだけで・・・。ソニックはいるし・・・。

 あと「最近ゲームがつまらない、ハマらない。そんな噂が飛び交ってるけど、それはソフトのせいじゃない。ハードに限界があったからだ」っていうの、「なるほど!だからマスターシステムはだめだったのか!」ってなりますよね。・・・ブラジルなら大丈夫か・・・。

 

 ブラジルと言えばブラジル製ゲーム機のZeeboですよね!正直意図はよかったしオールデジタルっていう先進的なゲーム機だったんですけどラップソングはどうだったんでしょうか?

 Run-D.M.C.の"It's Tricky"じゃねえか!!!!!!!!いやギターとか音変えているけど明らかにパクリじゃねえか!!!!!!!!!「Zeebo!!!!」じゃねえよ!!!!まあビートはオリジナルでいいんじゃないですかね・・・。ピコピコ音は最高だと思いますよ・・・。僕はポルトガル語わからないんで歌詞は何もわかりませんが、海外のゲーム系YouTuberであるStop Skeltons From Fightingさん(元Happy Video Game Nerd)の歌詞を引用しますね。「It's tricky to plagiarize to plagiarize Run-D.M.C., it's Zeebo!!!! (トリッキーだぜパクるのは/ランーD.M.C.をパクるのは/It’s Zeebo!!!!)」

 

 さあ最後のコンテンダー、ノキアのN-Gageを見ていきましょう。そうです。ノキアです。フィンランドの会社でケータイが有名な会社ですがゲーム機も作っていたんですね~。N-Gageって名前で、日本語で書くとどうしても鉄道模型みたいになってすっごいきらいな名前です。ラップはどんなものなんでしょうね。Atmosphere during Nokia Presents N-Gage Game Deck Gaming For Nokia Phones At E3 at Park View Hotel in Los Angeles, California, United States.

 あれっ。なんで画像なんだ?って思ったでしょう。なんとこのラップ、というかこのカンファレンス自体が悪名高く(ビキニのちゃんねーの体にゲーム機の販売予定価格を書いて発表するなど)、コナミのE3 2010やソニーのE3 2006、任天堂のE3 2008などと共に(黒)歴史に名を刻んでいるんですが映像が現存しないのです。このラップもかなり酷いものらしかったのですが映像ないなら自動的に0点です。

 

 このタイアップっぽいラップソングの世界、次回があるとすればアダムス・ファミリーとラップキャリアの終焉を見ていきたいと思います。期待するくらいなら宝くじでも買ったほうがまだマシよ。

 

(スコット執筆)

奈美悦子 ”愛しているから” レビュー

SV-652 1967年発売

今回は「愛しているから」を取り上げます。

 

【A面:愛しているから】

作詞:茜礼子 作編曲:島田タカホ

当時の王道的歌謡曲とは異なった曲調で、なかなか個性的な楽曲です。奈美悦子のアイドル的魅力を上手く引き出していて、色っぽさも出そうとしたような部分もありますが、60年代後半から70年代前半の「お色気歌謡」、「セクシー歌謡」などと言われている楽曲に比べると、爽やかで聴きやすい感じに仕上がっています。

「あなた」という男性コーラスが若干違和感がありますが、そこもこの曲の魅力なのではないかと思います。

惜しい点は、ドラムの手数が少なくあまりにも単純な所です。そのために、演奏のバランスが少し悪く感じます。ノリの良い曲なのでドラムもそれにあった奏法ならば、もっと盛り上がる曲になったと思います。

 

【B面:星空のかなたに】

作詞:なかにし礼 作曲:大野正雄 編曲:島田タカホ

孤独な歌詞によく合った悲しげな楽曲です。地味ですが、メリハリの利いた演奏で、心地よいサウンドに仕上がっています。各楽器の演奏は、テクニックを重視せず、曲調に合わせていて、上手く歌を引き立てています。

音質は両面とも良くないですが、B面は各楽器の音が聴き取りやすいです。

 

【終わりに】

1967年12月というGS全盛期に発売されたレコードなので、GSっぽいサウンドになっています。 聴いただけでおおよその発売時期が分かるような曲なので、60年代後半の流行や雰囲気を味わうには最適なレコードだと思います。

For Sure "Always Busy - Single" レビュー

 

 ニューヨークのインディバンドFor Sureのシングル"Always Busy"は、ロック色を残しながらも安らかなサウンドがいいものである。

 

[A面 "Always Busy"]

 初期Weezerのような、歪みつつもメロディアスなギターを中心に置いた曲だ。ヴァースでのボーカルは浮遊感のあるような、落ち着く声がメロディにマッチしているし、コーラスでの声のハーモニーも素晴らしい。サビは耳に残りやすいものでかなりポップだ。かなり粗いサウンドのドラムはインディらしくいいものだし、セカンドヴァースでのアコギの音も最高だ。けれどもやはり主役はエレキギターで、リフとコーラスでの演奏もいいしソロは2回聴けるがどちらもとてもかっこいい。インディロックが好きならぜひ聴くべきであると思うし、かなり曲作りの才能を感じられる。

 

[B面 "Chance"]

 ロック色の強いA面とは対照的な、静かでどこか寂しげなバラードだ。ここでも"Always Busy"で見せた強みは存分に発揮されている。声の重なり方は最上級で、特に"Take the chance on me today"というところは感動的と言っても過言でない。ドラムとベースは目立たないながらも曲に深みを持たせていて、特に一番が終わったところでのベースラインと、オープンハイハットが入って曲の雰囲気が少し変わるところは最高だ。ギターもかなりよく、特にちょっと控えめなソロはチャーミングでとてもよかった。少しボーカルの音が安定しないようなところもあったが、そこも正直悪くはない。むしろ味があっていいと思う。

 

[総評]

 A面B面ともにかなりいい曲だったと思うし、才能を十分に見せながらも、さらなる成長がこれから待っていることを確信させるようなものだったと思う。Bandcampで無料でダウンロードできるので、少しでも興味を持ったら聴いてみるべきだろう。

(スコット執筆)

 

Bloc Party "A Weekend in the City" レビュー

 A Weekend In The City - Album by Bloc Party | Spotify  このアルバムは陰鬱なロマンチシズムを、インディロック的でありながら大人らしい繊細さを持つ音で描いた素晴らしいアルバムだ。

 

 このアルバムの根底にある音は、まぎれもなくインディロックだ。"Song For Clay (Dissapear Here)"や"Hunting For Witches"での粗削りなギター、"Sunday"などでの直線的なベース、"The Prayer"や"Where Is Home?"のダンサブルなドラムはFranz FerdinandKlaxonsTwo Door Cinema Clubなどの当時NMEを中心に注目を集めていたバンドに近い。それらのサウンドはすべてバランスが取れていて、とても美しく組み立てられている。

 

 けれども全体は、ロックなどの枠組みに捉われないとても繊細で大人っぽいサウンドである。"I Still Remember"でのグロッケンシュピールのような音や、"Waiting For The 7:18"、"On"などでのストリングスは曲によく深みを持たせている。特に"Waiting For The 7:18"のピチカートはとても素晴らしい。また"Uniform"、"Kreuzberg"、"SRXT"など、エレクトロにインスパイアされた音もとても趣深いものになっている。全体的な雰囲気づくりは最高だ。シンセやギター、ボーカルまでもがどこか冷たく無機質な、けれども人間味を感じさせるアンビエンスを作り出している。

 

 その冷たさは歌詞やテーマにも表れている。テロと人種差別をテーマにした"Hunting For Witches"、「全ての見出しがこの場所は僕らのいるべき場所じゃないと、僕らに思い出させる」という歌詞のある"Where Is Home?"などがそのいい例だろう。疎外感や社会的な苦しみといった都会的なテーマは、音楽にもマッチしていると思う。

 

 しかしその中でも、"Uniform"や"Sunday"など、音楽面で温かみを感じられる曲も多い。むしろ冷たさと温かさの対比と融合がかなりうまく表現されていて、どちらもがお互いを引き立てているように思う。特に"I Still Remember"は昔の関係を懐かしむラブソングで、どこか哀しくどこか喜びに溢れているような、曖昧だけれども確固とした感情をよく表せていると思う。

 

 問題点と言えば、アルバムを通して聴くと少し眠くなってしまったし、音楽的には曲調が途中で変わるのがちょっと多いと感じたくらいで、そこまで大きなものではなかった。とてもいいアルバムだったと思う。少し人を選ぶかもしれないアルバムだが、ぜひ聴いていただきたい。若々しさと、若さゆえの葛藤がよく融合したような、そんなアルバムである。9/10だ。

 

 (余談であるが買うならぜひ日本盤のCDを買っていただきたい。あまりアルバムの雰囲気に合わない"Flux"が収録されておらず、その代わりボーナストラックとしてかなりいい曲の"We Were Lovers"と"England"が収録されている。)

スコット執筆

チコとビーグルス ”遊びつかれた帰り道" レビュー

SV-821 1969年4月5日発売

今回は「遊びつかれた帰り道」を取り上げます。

このシングルレコードは、チコとビーグルスの2枚目のシングルです。

 

A面:遊びつかれた帰り道】

作詞:藤本義一 作曲:奥村英夫 編曲:寺岡真三

前作の「帰り道は遠かった」と同様に民謡の影響を受けた楽曲です。前作がヒットしたためか、「帰り道は遠かった」に似た部分が良く見受けられます。歌詞の「別かれ道」を二度繰り返す所や、曲のタイトル、そして曲のフレーズに似ている箇所があります。

ただ、前作にあったような勢いは感じられず、曲調も大きな変化がないため、淡々としているという印象です。フレーズや構成が「帰り道は遠かった」や「恋の歓び」(吉永小百合)に似ている分、新鮮味やインパクトはあまり無いです。

派手なイントロなGS的で、メインボーカル(硲千鶴子)の歌声は魅力があるので、GSや歌謡曲が好きなら楽しめるかもしれません。

 

 

B面:いとしのジェニー】

作詞:藤本義一 作曲:奥村英夫 編曲:寺岡真三

楽器の数が少なく、音も厚みがないため、安っぽさは感じますが、哀愁のある曲調と歌声が素晴らしく、このグループの5枚のシングルの中では特に良い作品だと思います。ビーグルスのボーカリストとしての魅力を感じられます。サビの盛り上げ方が上手いです。

イントロが曲と余りあっていなく、単純で耳に残らない感じなので、イントロをもっと作りこんでいればもっと完成度が高まったのにと思いました。そこだけが惜しい点です。

 

 

【終わりに】

A面は「帰り道は遠かった」の二番煎じ扱いされていますが、B面は結構いい曲なので、気になった方は聴いてみて下さい。ただ、YouTubeでもSpotifyでも聴けず、レコードの流通量もあまり多くないため、簡単には聴けないという状態です。

 

The Cult "Love" レビュー

The Cult - Love Artwork (1 of 4) | Last.fm

 このアルバムはダークでムーディな音と力強いサビを兼ね備えた、完璧とは言えなくとも素晴らしいロックアルバムである。

 

 このアルバムの長所はその音だろう。80年代らしいビックなドラムと、クリーンでこれまたビッグなギター、そしてその中でも存在感を保つベースはかなり上質なものだ。それらの音が重なり合い、とても鮮やかでありながらうるさくは感じない、バランスのとれたサウンドスケープを作り出している。アップテンポな曲が中心でありながらも、それらの楽器陣によって少し不穏な雰囲気を感じさせるものになっておりとてもよい。"Big Neon Glitter"や"Phoenix"などはすべての楽器がかなり輝いているトラックである。

 

 特にギターは素晴らしかった。アルバム全体の原動力となっているし、ムード形成の中心ともなっている。演奏はとてもかっこよく、かと言って腕をひけらかすようなプレイでもない、とても統制され美しいものであると思った。"Brother Wolf; Sister Moon"のソロや"She Sells Sanctuary"、"Black Angel"全体など、ハイライトは山ほどある。

 

 ボーカルもかなり力強く好きであった。楽曲の中心にあり楽器たちよりも目立つ位置にいるのだが、少し歌詞の聴き取りづらい歌い方でまるで楽器の一つのように音楽自体に深みを持たせているのはとてもおもしろいと思った。"Nirvana"や"Rain"でのボーカルは剃刀の刃のように鋭いもので、素晴らしくかっこいい。

 

 またアルバムの構成もとてもよかったと思う。全体としてはバラエティに富んでいながら、しっかりとした統一感があったことはよかったし、アルバムクローザーの"Black Angel"はとても美しく、壮大で力強い曲で、このアルバムの最後を飾るのにふさわしい曲であったと思う。

 

 サビは全曲とても強いものであり、キャッチーで楽しみやすい。アルバム全体を見ても捨て曲は無いに等しく、今の時代でも十分通用するようなものばかりだ。けれども問題点もある。正直一曲一曲が少し長く感じたし、スネアの音はずっと聴いているとちょっとだけ耳が痛くなるものだった。そして、これはVan Halenの"1984"のレビューでも同じような文句を言ったのだが、いくつかの曲が強すぎる。ほとんどの曲が少し記憶に残りづらいのに対し、"Nirvana"、"Rain"、"Revolution"あたりが自分にとっては強すぎたし、特に"Rain"はあまりにもいい曲で、他の曲のよさが半自動的にかすんでしまった。

 

 あと細かいところだと、"Hollow Man"でシンバルが一瞬変な音になったのが気になったくらいで、全体的にはいいアルバムだと思った。正直何度も聴き返してもいいと思えるアルバムで、かなり気に入った。アルバム全部を聴くのが少し疲れることくらいが難点である。8/10だ。"Rain"だけでも聴いてみてほしいし、もし気に入ったのであればアルバム全部を聴くことをおすすめする。

 

スコット執筆